« ギャップ | トップページ | 足湯(芦湯)  »

2017年7月10日 (月)

御説法

今年の5月1日は、祖父の十三回忌でした。お寺さんが来られてお経を上げていただきました。お経の後の御説法で、このようなお話をされました。

  本心は水の如く 一所に止まらず

  妄心は氷の如く 手も足も洗われず

 意味は・・・

 人は本来、屈託のないきれいな心を持ち合わている。その心を本心と呼び、それは水のごとく、一つの所に止まることなく、形に従い、障害物をすり抜け、汚れを清める。

 固執や迷い、愚痴や怒りの心を妄心と呼び、それは氷の如く、かたく固まって流れず、柔軟さに欠け、汚れを落とすことができない。

 私たちも水のように、洽し和らげるものになりたいですね・・・という話でした。自分に置き換えてみると、自分の心は・・・氷に近いのかな、と思いました。せっかくよいお話を聞いたのだから、日々の生活に活かしていきたいと思いました。

Ishi

 

↓税理士法人あかつき経営会計HP
http://www.akatsuki-ma.com

 

 

« ギャップ | トップページ | 足湯(芦湯)  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギャップ | トップページ | 足湯(芦湯)  »