« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

手遊び

怪獣2号(♀ 1歳2ヶ月)は手遊が大好きである。

以下はそのレパートリーの一部です。 (^O^)v

  いとまき

  むすんでひらいて

  大きなくりの木の下で

  げんこつやまのたぬきさん

  さんぽ(となりのトトロ)

  手をたたきましょう(こんな題名だったかな?)

特に大好きなのが、「いとまき」と「となりのトトロのさんぽ」という曲です。

いとまきは一番最初に覚えた手遊びで、

ーとーまきまき、いーとーまきまき、ひーてひーて、とんとんとん

と音楽が流れると、手をくるくる回して遊びます。

()イイ!!

もうひとつの「さんぽ」ですが、こちらはちょっと悩ましい・・・

なぜならこの曲の歌いだしが、

歩こー、歩こー、わたしは元気--------

となっていて、この音楽がなりだした途端、人の手をとって歩くぞ!と足をばたつかせます。たぶん保育園でこの曲をバックによちよち歩いているんだと思うんですが、まだ一人では5,6歩しか歩けないので、必ず人の手を借ります。基本的にかわいいんだけど、あまりに頻繁にあるからちょっと面倒な時が・・・(汗)

でもまあ、こうやって段々いろんな事ができるようになるんだなあと、しみじみ思います。

この時期が一番劇的に猿から人へ進化(←おい)している時だし、

子の成長を楽しみに見ていきたいです。

by 豆

2007年10月25日 (木)

あさ(*^_^*)

最近は、朝がとても寒くなりました<(_ _)>朝の気温は9度前後で、

10度を下回ると妙に寒く感じます。足元が特に寒いので、

タイツをはくようにしています。遠赤外線の靴下は本当にあったかいのか

なあ?今度試してみたいと思います。(*^。^*) (千)

2007年10月18日 (木)

TKC経営革新セミナー開催

きたる11月14日(水)にフェニックスプラザにて、「TKC経営革新セミナー」を開催します。

『中小企業の未来対応!!』をテーマとして捉え、

事業継承「計画の立案と対策」

M&A「拡大するM&Aビジネスとその戦略的活用について」

平成19年度税制改正についてお話いただきます。

ぜひご参加ください。

詳しくは↓

http://www.tkcnf.com/yagikaikeizimusho/pc/index.html

by (-_-)/~~~

2007年10月10日 (水)

ガラスの魔力☆彡❋

 10月に入り、秋と言うにはまだ日差しが眩しく暑い日がありますが……(~_~;)

秋といえば、芸術・スポーツ・食欲の秋ということで、、、、

土曜の昼下がり、一足早く芸術の秋を満喫してきました。

事務所から歩いて5分、福井県立美術館があります。

今月5日から

         ガラスの魔力・ガラスの魅力 

―華麗なる  アール・ヌーヴォーアール・デコ  の世界―

が開催されています。

ヨーロッパのガラス工芸と聞いて壮大なステンドグラス的な物もイメージして行った私。

         違っていました(ー_ー)!!

薄く透き通り繊細で細やかなランプ・花器・水差し・グラスなど……

大きなカブトムシがくっついていたり、鯉や昆虫の絵が描かれていたり……と。

なかでも一番だったのは、

“ ホテイアオイ文リキュールセット ” 

透明地にピンクと薄紫を重ね、ホテイアオイの花を浮き彫りに描いている

レースガラスの逸品。

とても100年以上も前に造られたものとは信じられな~~い 美しさ!!

11月4日(日)まで開催しています。

秋の一日、是非、ご自分の目で確かめてくださいませ(^.^)/~~~    

                                    hiro (^0_0^)

2007年10月 3日 (水)

電子申告控除!?

平成19年度の税制改正により

新たに所得税の電子申告控除という制度が設けれられました。

内容としては、申告納税者が電子署名を付して

平成19年分又は平成20年分の所得税の電子申告を行う場合に、

算出税額から5,000円を控除するというものです。

この制度のポイントは2点あります。

①納税者の電子証明書を使用して電子署名を付して送信すること

②平成19年分又は平成20年分のいずれかの年分に限り控除できること

ご存知かもしれませんが国税当局は電子申告・電子納税の普及に

非常に力を入れており、

平成20年度(だったかな?)までに電子申告の達成率を50%近くまでもっていくという

壮大な目標をたてています。

電子申告控除もこの目標を達成するひとつのツールのような感じがします。

私としては電子申告・納税は申告納税にとっては有用なものだと思いますが、

上記2つのポイントについては中途半端な規定だなと思います。

まず電子申告については税理士の電子署名のみによる代理送信が可能となったことで

かなり実行しやすくなりましたが、税額控除を受けるためには、

納税者が自ら住基カードと電子証明書(合わせて1000円程度必要)

と電子カードリーダー(4,000円~10,000円程度)を用意しなければなりません。

すべてそろえる費用と手間を考えると5,000円の控除だと足が出ると思います。

また1回きりの控除だと、手間の割にはお得感がなく、

新たに電子申告をしようという意欲に水をさすのではないでしょうか。

国税も電子申告・納税の普及により

税務行政にかかる人件費などのコスト削減に大きく貢献するのですから、

一回きり5,000円の控除とはなんともケチくさい気がします。

私の考えとしては、どうしても1回きりの控除なら2,3万円の税額控除、

又は2,3千円の控除を申告のたびに控除するというやり方であれば、

電子申告もかなり普及するのではないかと思います。

あとは税理士の代理署名・代理送信のみ(納税者の電子証明不要)で

電子申告控除が受けられれば納税者の負担も軽くなると思います。

高間勝徳

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »